タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







伝統を守るということは、 国を守ることです。 安易な伝統破壊を何とかしないと、 この国は滅びます。

軍隊を悪と決め付ける伝統思想からの脱却こそが、我が国の安全にとって大変重要なことなのです。

国防は独立国家としての必要絶対条件であるという教育を幼いころからしないとこの国は駄目です。

その最良の方策は徴兵制です。 徴兵では高度な武器の操作はできませんが、 精神を叩き直すには、最良の方策です。





侵略を受けてから、軍隊の必要性を感じても遅いです。どんな国もいざという時に備えているのです。

侵略されてしまったら再び独立を勝ち取ることなどできません。 絶対に負けることはできないのです。

それは大東亜戦争で負けた日本人なら誰しも理解していますね。 戦後70年経っても同じなのです。

チベットやウイグルの人たちが、再び独立を勝ち取ることができるでしょうか。支那は侵略の国です。

アフリカ北部の政変劇、中東の情勢、 これらを何としても支那の国民に知らせなければなりません。

そういう恐ろしい侵略国のすぐ隣にあって、 引っ越しもできないにも関わらず、 防衛費の削減です。

余りにも国益を害した、酷い政策をした民主党。安倍政権になってやっと防衛費が少し増えました。






どんな文明も必ず滅亡しますが、 支那の滅亡で侵略された国の解放は一体いつになるのでしょうか。

チベットの人々は言葉も奪われ信仰も破壊されました。若い人たちは、もう母国語が理解できません。

ウイグルでは、 支那の核実験により19万人が急死し、 129万人もの人たちが被害に遭っています。

ウイグルでの核実験の際に支那は、そこに暮らしているウイグル人を、全く避難させなかったのです。

ここに支那の政策が垣間見える。ウイグル族の民族浄化を狙って行われた、核実験だったのだとね。

そういう核実験を、支那は46回も行ったのです。シルクロード観光で、日本人も27万人が関与です。






ベルリンの壁は崩壊しましたが、気の遠くなるような歳月の果てには、 解放があるのかもしれません。

一旦侵略されてしまえば我々の子孫は、どれ程の苦難の中に何代も暮らさなければならないかです。

敗戦後の米国による日本進駐は、 基本的に民主主義の国だったればこその、幸運があったのです。

しかし、支那の侵略を受けたとなれば、そのようなことでは済みませんよ。 地獄に暮らすと同じです。

日本の評論家の中には、 こんな狂気を行う支那と付き合っていくべきだなんていう馬鹿者もいます。

今は民主主義国が一致団結して支那の横暴を防ぐために支那の経済破綻を画策する時なのです。

支那に手を突っ込んでいる各国の経済的損失は大きいが、 戦争になるよりはるかに安く済みます。

大英帝国も今ではシティー復活に支那を使ってやろうと思っているようだが、 香港で騙されただろ。

中東における英国の二枚舌が、今の状況を作り出している。英国も支那には叶わないことを知れ。



続けて、 憂国の思い68 をご覧ください。