タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







国防という国家としての最重要事項でさえ、我が国は売国奴集団にばらばらにされてしまいました。

国防を悪とみなす国民がこれほど多い国も世界に珍しいでしょう。支那の洗脳にあっているのです。

ここまで左翼集団にばらばらにされてしまった日本 ! 褌を締め直して、 この国を建て直しましょう。

支那の我が国に対する懐柔政策を少しでも防止するには、 我が国は何をなすべきなのでしょうか。

支那には戦略の上に策略が練られていたのですが、 我が国にあったのは、 目先の金儲けでした。






国会議員やマスコミの中には、 利敵行為を働き、 我が国を貶めようとする輩で満ち溢れています。

支那は支那料理や党幹部の接待で、 日本の各界幹部を自国に招きシンパに育て上げてきました。

信じたくはありませんが、日本の政治家には、 支那のハニートラップに掛ったのもいるとの噂です。

そういう噂のある政治家には自ら疑惑を明らかにさせ、政治の世界からは身を引かせるべきです。

そんな政治家が政府の要職に就けば弱みに付け込まれ籠絡されるのは火を見るより明らかです。






こんなことも防止できなかった、外務省の小役人は、 売国の支那のスパイであったということです。

その時の政治家をガードしなかった外務省の役人は、売国罪で処断しなければならなかったのだ。

戦略なき外交しかできない外務省は解体し、チャイナスクールの売国奴は、 即刻追放すべきです。

支那の日本人洗脳政策は単純な手法だったのですが、 多くの日本人が見事引っ掛かかりました。

日本の政治家や経済界の重鎮が支那料理で籠絡されたのです。日本人も駄目になったものです。






犬を躾ける時に食い物を与えることがあります。日本人が支那に食い物で調教されてきたのです。

まさに日本人が犬と同じ扱いだったのです。携帯の宣伝に日本人を犬の子供とするのがあります。

このコマーシャルを、 素晴らしい面白いアイデアと思っているのは日本人だけです。 何故ですか。

半島での犬がどのような存在であるか調べてください。そうすれば日本人の扱いが理解できます。

犬を食う文化の国のものの考え方をたまには勉強するのもいい頭の刺激になります。是非どうぞ。

そのコマーシャルをしている会社は、小中華思想を支那から躾けられた系統のトップが経営です。



続けて、 憂国の思い36 をご覧ください。