タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







春節は中華街だけでのものではありません。中華系寺院や中国系タイ人の家庭でも祝います。





お線香に煙る光景は、日本の寺院と同じですね。





日本では考えられないような巨大な蝋燭が沢山供えられています。





全ての蝋燭に火が灯されています。暑いタイでは大変な熱気となります。





蝋燭の根元にはお供えした人の名前が書かれています。





ここは別のお堂の様子です。ここでは堂内で蝋燭が焚かれています。





中華系のお堂の像の前にも大きな蝋燭が灯されています。





位牌堂の様子です。日本と似ていますが、こういう光景は元々タイにはありませんでした。





でもよく見ると ” 神位 ” と書かれています。





ここは日本でいうところの納骨堂でしょうか。故人の写真が飾られています。





中国系タイ人のお墓です。タイではありとあらゆるところまで華僑が勢力を伸ばしています。





タイには中華系の慈善団体の社があります。ここはその代表的なところです。





お線香を持った善男善女で、歩くのもままならない程の混みようです。





報徳堂と名づけられたお堂の前の様子です。





” 泰国華僑報徳善堂 ” と書かれた垂れ幕が豪華な刺繍で飾られています。





まさにここは支那です。タイが華僑の天下であることを実感させられます。





堂の扉に描かれた絵からも、支那を感じさせられます。





ここでも巨大な蝋燭とお線香が供えられ煙っています。





これは寄付をしているところです。慈善団体である報徳善堂の財政の基盤となるところです。





中華街付近には中華系寺院が方々にあります。この写真だけ見ていれば正にここは支那です。





お堂の内部です。はやりここでも観世音菩薩が祀られています。観音信仰は支那で発展したものです。





ここにも中華風の提灯が飾られています。本当にここは支那の感があります。





瓦の寄進をしているところです。瓦の形こそ違いますが、日本のお寺でもよく見かける光景です。





お堂の前でお線香をお供えしているところです。タイのお線香は赤く染めた竹が使われています。





お線香をお供えしているところです。ここでも赤い服を着ている人が多いです。





春節の時には参拝客にもてなしが行われるお寺もあります。





ピンク色の下地に達筆で書かれた ” 新春通告 ” です。ここでも華僑の力をを感じさせられます。





タイの救急車は病院や慈善団体が所有しており、自治体が運行しているのではありません。





日本では考えられませんが、タイでは救急車が搬送する負傷者を奪い合う抗争事件も起きています。





像に手を当てて祈っているところです。もう一方の手には大きな財布が握られています。





黒い財布がおわかりでしょうか。財布を像に擦りつけて幸運を祈っているところです。





日本料理のお店の看板も見えます。バンコク市内には沢山の日本料理店があります。





京劇の化粧をした人たちもいました。タイ社会ではあらゆる所へ中国系タイ人が進出しています。





化粧も衣装も派手ですね。春節を盛り上げるにはもってこいです。





記念写真を撮る人たちには大人気でした。



タイの経済発展は華僑の力なくしてなかったと思いますが、政治経済の要衝は彼らに乗っ取られました。



続けて クレット島1 をご覧ください。