タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンの案内板です。


ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンは、タイ中部にあるスパンブリー県にあります。



ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンの境内へ入って行くところです。





駐車場の横には土産物屋というより日常雑貨のお店みたいなのがありました。





その奥まったところです。こちらの方が土産物屋らしいですね。木製品が多いです。





ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンの駐車場です。タイでは至る所に国旗がたなびいています。





さあ皆で境内へ入っていきます。黄色い旗はプミポン国王陛下のシンボルです。





タイのお寺は結構敷地が広いです。向こうには工事中の屋根がみえます。





回廊と本堂の屋根の様子です。この寺の建物には、寺特有の飾りのチョーファーがありません。





中央に見えるのは尖塔ですが、屋根の棟から出ているのがチョーファーと呼ばれるものです。





左手前の小塔は、聖域を表すものです。回廊と本堂の屋根の様子をご覧ください。





境内の回廊の外側にある純白の仏塔です。





純白の仏塔と本堂の様子をご覧ください。本堂の屋根にはチョーファーという飾りがありません。





本堂への入り口には狛犬のような置物があり、本堂は高さの割に幅の狭い建て方です。





本堂の破風の部分を少しアップしたところです。ここには屋根飾りのチョーファーがありません。





入り口左側の狛犬です。





入り口右側の狛犬です。なかなか愛嬌のある顔をしています。





本堂の囲いの中の屋根の下へ入ったところの様子です。





多くの善男善女がいろいろな仏に参っています。





手前にあるのは、タイ式のお燈明です。これでお線香や蝋燭へ火をつけて参拝します。


タイの人たちは来世の幸福を祈って寺へ参拝します。



お燈明のところを位置を変えて撮ったところです。





左側の飾りのようなものは、お金をタンブン(喜捨)するものです。お札が竹に挟んであります。





お坊様に祈ってもらっているところです。寄付の箱がありますが、ここへは無料で入ることができます。





小さな涅槃仏を中にして、立像や座像が並びます。





右奥には、高僧の座像もみえます。タイではよく目にする光景です。





金箔を買って、仏像の体に貼って祈ります。





金箔を貼られる仏像の横からのお姿です。ここにも猿がいますね。





これは瓦の寄進を求めているところです。日本でも形こそ違いますが、よく見かける光景です。





本堂へ入る横にはこのような乙女のような像があります。





猿や、この写真のような像もあります。





この猿の意味合いはわかりません。





猿と一緒の像の反対側にもこのような像があり、その横には象が座っています。





その象の姿です。象は鼻の先に何かを持っています。





古木の横にはこのような仏像が安置されています。





刀をもった兵士のような象もあります。





これがワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンの本堂です。





本堂の正面入り口からの眺めです。左右に象の鼻先と、猿の一部が映っています。





いよいよ本堂のご本尊を拝むことができます。





ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンのご本尊です。





ご本尊は座っておられますが、大変大きなお姿です。





これで本堂の幅が狭いことがわかりました。





お顔のアップです。やはり下から眺めますと、見つめられているように造られています。





これがワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンのご本尊の全身像です。





ご本尊の足元の様子です。





このお写真は、プミポン国王陛下が、この寺へ参拝なされた時のものです。





ご本尊の左側に安置された仏像です。





その横にある仏像の後ろに安置された仏像です。





ご本尊の右側に安置された仏像です。左のものとはお顔つきが異なります。





その横にある仏像の後ろに安置された仏像です。





お土産を売っているところです。タイではいかなる仏像も国外へ持ち出せませんので、ご注意を。





本堂の入り口の扉の装飾です。実に精緻な彫刻が施されています。





本堂の横です。





本堂の裏側です。壁が黒くなっています。





この寺の回廊には沢山の壁画が描かれており、興味深いです。椅子やテーブルも置かれています。





実に沢山の壁画で飾られています。





壁画は建物を取り囲むように描かれています。





これは露営の場面のようです。武器を持った兵士がテントを守っています。





これは戦いの場面です。堅固な防御柵がみえます。





一転してのどかな光景です。





中央に合掌する男性の姿が描かれています。





これは寝室の光景でしょうか。





綿畑の淵でで愛をささやく恋人同士でしょうか。





沢山の果物が供えられた横で、僧侶が経典を読み、多くの人たちがそれを聴いています。





これは現代の葬儀の時の様子です。同じような椅子に僧侶が座っています。





僧侶が船に乗っての托鉢に、乙女たちが喜捨している光景です。





僧院の様子です。奥にある建物は、現在のワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンに似ています。





家を新築している光景です。タイは左程寒くはありませんので、雨露がしのげればそれで十分です。





タイでは今でも田舎へ行きますと、このような高床式の家をみることができます。





現在の高床式の家の基礎の柱は鉄筋コンクリート製が多いです。





高床式の家の下は、涼しくていいですよ。床下は物置にもなり、水害にも強いです。





これも戦いの状況のようです。左端には今にも首をはねられそうな光景も描かれています。





今にも首をはねられそうな光景のアップです。





王様にひれ伏す家臣の様子です。





高床式の豪邸付近の光景です。のどかな様子ですが、タイ人は常に戦いに備えることを忘れません。





現在でもお金持ちはこのような伝統的な家を建てます。





またのどかな光景です。右下には牛車が描かれています。





上の写真のような牛車が描かれています。





前にお供え物があり、横には僧侶が控えており、真ん中にもいます。結婚式の様子でしょうか。





王様へ貢物でも運んでいるのでしょうか。





寝込みを襲われたのでしょうか。刀を持っているのは女性のようにもみえます。





真ん中に男性が刀を持って歩いていますが、奥の部屋の蚊帳の中の女性は倒れているのでしょうか。





鍛冶場の光景でしょうか。刀を造っているようです。





中央の女性が抱き枕を抱えて寝ていますが、今でもタイでは抱き枕が使われています。





奪った恋人と一緒に馬で行く様子でしょうか。





恋人同士が川辺で人目を避けての逢引きのようです。





象の背中に乗って、刀を携えた家来を連れて出かける光景のようです。





これは王宮の内部でしょうか。





戦いに関係する場面のようです。左側にいるのは捕虜でしょうか。





上の写真のアップですが、映画『ラスト・エンペーラー』の冒頭の場面にもあったような光景です。


足かせが描かれていますが、タイの刑務所では今でもこのような足かせが使われています。



上の写真の左側のアップです。捕虜でしょうか。後ろ手にされた男の鎖には錘が付けてあります。





子供をあやしたり、マッサージをしている光景が描かれています。タイではマッサージは今も盛んです。





戦争に備える砦のような光景です。タイは大陸に在る国ですから、昔から戦争が絶えませんでした。





王様にかしずく家臣たちです。王様の後ろでは団扇で扇いでいる光景もみられます。





戦いに行くところでしょうか。攻めたり攻められたりした歴史が、タイでは今も活きています。





王様の寝室の光景でしょうか。





結婚式の様子のようです。結婚式には必ずお坊様が参列しますが、そのおもてなしは午前中です。





これはどいう光景でしょうか。アップした光景を次の写真でご覧下さい。





アップした光景をみると、周りを兵士が固めていますので、捕虜かスパイの水責めでしょうか?。





皆が跪いていますが、このような作法は現在のタイにも残っています。



壁画には一連の流れの中で描かれているとは思うのですが、言語の壁がありますので詳細はわかりません。



境内にはこのような祠もありました。





祠に鎮座する仏様です。





仏様の前のお荘厳をご覧ください。バナナの葉で作った飾りやハスの花の蕾が備えられています。





境内にある別の建物の破風の部分です。ここにもチョーファーはありません。





小さな祠の屋根の様子です。瓦の様子をご覧ください。





タイのお寺には釣鐘が沢山吊り下げられています。





境内のいたるところにあります。





大きさや形も異なっています。下の竹かごに入っている木は、鐘を打つ棒です。





大きな鐘もあります。ここにも鐘を打つ棒がみえています





通常は中に鉄の棒が吊り下げられており、それで鐘を打ちますが、ここでは棒で打つようです。





吊り下げられた鐘のアップです。





さらにアップしたところです。手を合わす姿がみえます。





こちらはナーガの姿でしょうか。太い鎖で吊り下げられています。





これは工事中のお寺の様子です。





柱は鉄筋コンクリート製で、壁はレンガを積み重ねて造られています。





屋根工事の模様です。





さらにそのアップです。こういった光景にはなかなか出合えません。





足場に木や竹が使われていることがわかります。鉄筋を組んだ屋根へコンクリートを打っています。





屋根部分がまだ工事中のようですが、タイでは予定通りいかないことが多いようです。





この写真は他で見かけた瓦の吹き替え工事の模様です。この建物はお寺ではありません。





さて、この木は古木のようですね。





熱帯のタイでは木の成長も早いです。





境内にあった巨木です。いい日陰を作ってくれます。





境内の外の様子です。トゥクトゥクという三輪のタクシーが走っています。排気ガスがすごいです。





ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンにある火葬場です。煙突の形から火葬場だとわかります。



ワット・パ・レライ・ウォーラウィハーンをご覧いただきました。


続けて ロッブリーの遺跡1 をご覧ください。