タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







タイのランプーンにある、ワット・プラ・タート・ハリプンチャイをご覧ください。

タイ北部の都市ランパーンとランプーンは似通った名ですが、それぞれ別の町の名前です。



寺へ着くと巨大な二匹のシンハ(獅子)像が出迎えてくれます。





山門のすぐ横には通用口があり、ウィハーン(礼拝堂)があって、その後ろに仏塔があります。





山門の大写しです。





境内へ入ってウィハーンの中から山門を眺めたところです。切籠灯籠のようなものが見えます。





ウィハーンの大写しです。北タイ様式の美しさが見てとれます。





ウィハーンへさらに近付いてみました。





ウィハーンの正面の様子です。正面に掛っているのは、日本の切籠灯籠に似ています。





ウィハーンを横から眺めたところです。画面の右側が山門です。





ウィハーンの裏側です。北タイの寺のシンボルである傘の飾りが見えます。





ウィハーンの裏側から眺めたところです。金色に飾られた柵は仏塔を取り囲むものです。





仏塔側に近付いて山門側のウィハーンを眺めたところです。





ウィハーンの廊下の様子です。柱の装飾がきれいですね。





ウィハーンの入口の様です。入口の上には壁画が描かれています。





堂内へ入る口のすぐ脇にあったラマ5世像です。





ウィハーンの中へ入ったところです。左側に儀式の時に僧侶が座る椅子が並んでいるのが見えます。





中へ入ったところ、肝心のご本尊は工事の真っ最中でした。





時間と経費を掛けて折角やってきたのに、がっかりです。時々こういう場面に出逢います。





ご本尊と脇仏は金箔の張り替え工事をしていました。





足場が竹で組まれているのは、如何にも東南アジアらしい光景です。





ご本尊の右側にあった厨子に安置された仏です。





ご本尊左側の厨子に入った仏です。堂内に国旗が掲げられているのは、如何にもタイらしいです。





ここにも手の込んだ儀式に使われると思しき厨子がありました。





堂内の様です。正面に赤く見えるのは、僧侶が使う座椅子です。





厨子と堂内の壁画の様子をご覧ください。





堂内の上部に描かれた壁画の数々をご覧ください。ぐるりと壁画で覆われています。





外へ出てウィハーの横に建つホー・トライと呼ばれる経堂を眺めたところです。





ホー・トライの ” ホー ” とは特殊な目的のために建てられた建物のことです。





ウィハーンの右横から仏塔方面を眺めたところです。





左がウィハーン、その横が仏塔で、その横にまたこじんまりとしたウィハーンがあります。





傘の飾りの大写しです。なかなか手の込んだ作りであることがわかります。





さらに仏塔へ近づいてみました。





ハリプンチャイ様式といわれる仏塔と傘の飾りです。1418年建立だそうです。





ここでも人々は合掌して仏塔の周りを廻ります。





仏塔の周りを合掌して祈りを捧げている様子です。廻る位置にはマットが敷いてあります。





仏塔の真下にある礼拝所です。





礼拝所はこんな感じです。人々はここへお花やお線香を手向けます。





堂々たる仏塔の雄姿をご覧ください。





仏塔の高さは46mあるといわれています。





仏塔と傘飾りです。北タイの寺の特徴です。





仏塔の真下から眺めたところです。右下は礼拝所の建物の屋根です。





仏塔を少し離れて眺めたところです。仏塔の台座部分は20m四方あるそうです。





威風堂々たる姿です。





傘飾りの大写しです。デイバックを背負った学生の姿が見えますが、中央の門の向こうは学校です。





傘飾りを入れて撮った仏塔です。ナーガの彫られた小塔も見えます。





ほぼ正面から撮った仏塔と礼拝所です。





黄金に輝く仏塔の台座部分です。





熱帯の強烈な日の光に輝く仏塔です。





お堂の中から眺めた仏塔です。正面に礼拝所の建物が見えます。





参拝客の横をゆく僧侶です。





手前の建物は、ホー・ラカーン(鐘)と呼ばれる鐘楼です。





鐘楼の前をゆく僧侶です。ラカーンという言葉はタイ文字の勉強の時に必ず出てきます。





ホー・ラカーンには鐘ならぬ銅鑼がつり下げられています。





世界最大の銅鑼といわれていますが、時間の関係でその音を聞くことはできませんでした。





境内で談笑する若い僧侶たちです。





門の屋根飾りもなかなか手の込んだものです。





境内には多くのお堂が建っています。





赤と黄金に輝くウィハーン・プラチャオ・タンチャイと呼ばれるお堂です。





そのお堂の入り口の様子です。ここにも入り口の上には壁画が描かれています。





堂内へ入ったすぐの、天井の様子です。





これもお堂の天井の様子です。日本の寺院の天井にどこかよく似ています。





お堂の内部の荘厳の様子です。





堂内の仏へ少し近寄ってみました。





幾体もの仏のお姿は、荘厳な感じがします。





後ろの仏たちは全て立像です。御手の印もそれぞれ異なります。





上の写真とは逆の位置から眺めたところです。





さらに近寄って撮ったところです。仏龕(ぶつがん)にもナーガの姿が見られます。





ナーガに飾られた仏龕(厨子)の中に立つ仏です。





前仏です。





前仏を少し離れて撮ってみました。





前仏を違う方向から眺めてみました。坐像であることがわかります。





境内には銀行が寄付した博物館であることが掛かれた案内板です。





これがその博物館ですが、内部の撮影は許されていませんでした。





お堂の窓の飾りです。



ワット・プラタート・ハリプンチャイ1 をご覧いただきました。


続けて ワット・プラタート・ハリプンチャイ2 をご覧ください。