タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







チェンマイにあるワット・プラシンのご紹介です。チェンライにも同じ名前の寺があります。


お寺の入口です。正式にはワット・プラシン・ウォーラマハーウィハーンといいます。





チェンマイ一の格式を誇るワット・プラシンの本堂の正面です。





本堂を横から眺めますと大きさがよくわかります。





本堂の入口を見上げた光景です。





本堂の前には高僧の像があります。タイではよく見られる光景です。





本堂へ足を踏み入れたところです。白い柱と壁が赤にマッチしています。





ご本尊は頭でっかちの若々しいお姿です。





ご本尊をさらに一歩近づいて撮ったものです。





光背に法輪を背負ったご本尊です。





ご本尊の前にも沢山の仏が鎮座しています。





ご本尊の前の左側の仏さまです。





ご本尊の前の右側の仏さまです。





ご本尊の右横にも高僧の坐像がありました。左肩に掛けているのが袈裟です。





本堂の出入り口の扉の装飾です。





出入り口の扉の大きさを見入る人の大きさと比べてみてください。





境内にあるホートライと呼ばれるお堂の正面です。





ホートライを斜め下から眺めたところです。





ホートライを斜め後ろから眺めたところです。





ホートライの下部には美しいレリーフがあります。





レリーフの大写しです。





長身の天女が彫られています。





天女のお顔をご覧ください。





何とも愛嬌のあるお顔ですね。横を見た眼に何とも言えない色気があります。





本堂の建物の左奥にはライカム礼拝堂があります。





ライカム礼拝堂です。こじんまりしたきれいなお堂です。





ライカム礼拝堂の正面です。北タイ様式のお堂です。





ライカム礼拝堂の出入り口の上部にある装飾です。





礼拝堂の内部です。内部にはプラシン仏が荘厳されています。





プラシン仏が赤を基調にした色合いの中に荘厳されています。





荘厳な美しさを感じさせます。





プラシン仏の大写しです。どうも本物は盗難にあい、これはレプリカのようです。





プラシン仏の左側です。





プラシン仏の右側です。





堂内には数多くの壁画が描かれています。





大分痛んでいますが、撮影は自由にできます。





昔のタイの風俗をよく表している壁画だそうですが、随分傷んでいます。





痛んでくると上から綺麗に修復しますので、撮影はいいようです。





部分的には痛みの少ないところもあります。





ここは痛みがひどいです。自由に撮影させてくれるタイはおおらかですね。





壁画をじっくり見たかったですが、観光旅行ではなかなかそうもいきません。





左が本堂です。チェディー(仏塔)の前にもお堂があります。





本堂の後ろに位置するお堂です。





お堂を斜めから眺めたところです。





お堂の出入口の左側の様子です。長身の天女像があります。





出入り口の右側です。ここにも長身の天女像があります。





左側の天女像の大写しです。眺めていますと心が休まります。




右側の天女像の大写しです。





お堂の内部です。大きな厨子があります。





厨子には背中合わせに二体の仏像が安置されています。





厨子の上部の模様です。見事な装飾です。





一体は黄金の仏さまです。





黄金の仏さまはふくよかなお顔をしています。





横から眺めた黄金の仏さまです。





もう一体の仏さまです。ヒスイでできているのでしょうか。





このお堂には涅槃仏がありました。





お釈迦様入滅のお姿です。





仏法を説き、沙羅双樹の下で尊い生涯を終えられたお姿です。





タイのお寺にはどこへ行ってもチェディー(仏塔)があります。





チェディーの間から眺めたワット・プラシンの様子です。



チェンマイ一の格式を誇るワット・プラシンをご覧いただきました。


続けて ワット・チェン・マン をご覧ください。