タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







ワット・チェン・マンは、チェンマイで最も古い歴史を誇るお寺です。






タイの有名なお寺には、このような案内板があります。





本堂です。入口のところには、犬が中へ入れないように柵があります。タイは野良犬天国です。


このような本堂の造りを北タイ様式といいます。タイの北部の寺はほとんどがこういう様式で造られています。



本堂の入口を見上げたところです。精巧な装飾で飾られています。





出入り口の装飾です。





境内には大きなお堂が二つあります。





本堂の内部です。赤を基調とした色合いで荘厳されています。





ご本尊の横には、プミポン国王陛下が出家なされた時のお写真が飾られていました。





ご本尊は大きな厨子を背にして鎮座しています。





ご本尊の大写しです。





ご本尊を斜め横から撮ったものです。





ご本尊の脇仏には糸が張られています。





ご本尊を反対側から眺めたところです。





やはりご本尊の脇仏にも糸が張られています。タイではよく見掛ける光景です。





よく見ると、脇仏からの糸がご本尊に結ばれています。





ご本尊と厨子です。





厨子は大変大きなものです。





厨子の中には小さな仏像が安置されており、糸が結ばれています。





厨子です。





厨子にも精巧な装飾が施されています。





厨子の中の仏を反対側から眺めたところです。





反対側から眺めた厨子です。時代を感じさせます。





厨子の横の仏と、天井の状況です。





屋根は木造でできており、骨組みが実にきれいです。





天井の装飾です。





本堂の奥の様子です。王妃様のお写真が飾られていました。





柱と天井の様子です。





赤を基調とした堂内は、天井の構造とマッチして見事です。





お坊様がお座りになる椅子でしょうか。





ご本尊の左横にあったものです。目のようなものが見えます。





もう一つのお堂です。





二つのお堂を眺めたところです。





もう一つのお堂の内部です。





やはりご本尊は厨子を背に鎮座しています。





厨子の大写しです。天井の骨組みもきれいです。





厨子の大写しです。やはり糸が張られています。





厨子の中には二つの仏が安置されていました。一つは雨を降らす霊力のある仏のようです。





こちらのお堂の壁面には、釈迦の一生を描いた壁画があります。





壁画と天井の骨組みの見事なコントラストです。





境内には15頭の象に支えられた仏塔が黄金に輝いています。





仏塔の大写しです。





15頭の象に支えられています。





タイでは象は縁起のいい特別な動物です。





象に支えられた仏塔はタイの方々で見ることができます。





お堂と仏塔の様子です。





境内にあった合掌する天人像です。





どこか憂いを秘めたお顔は、なかなか威厳があります。





お庫裏の前に置かれていたココナッツの実とバナナです。タイは果物が実に豊富です。



チェンマイで最も古い歴史を誇るワット・チェンマンをご覧いただきました。



続けて ワット・チェディールアン をご覧ください。