タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。








バンコクへご旅行の際は、是非ここをご覧になってからお出掛けください。



バンコクの中心街から一番安く早く行く方法は、地下鉄でフアランポーン駅まで行って、

そこからはタクシーです。しかし帰りは2時頃までに帰らないと渋滞に巻き込まれます。



タイ観光のメッカといわれるワット・プラケオです。きちっとした身なりでないと入場できません。

服装チェックの看板が出ています。服装チェックに引っかかりますと貸衣装や貸靴で入場しなければなりません。





境内へ入ると黄金に輝く仏塔や本堂の屋根が見えてきます。胸躍る時です。





ワット・プラケオの近影です。入場料は高いですが、それなりの見応えはあります。





ワット・プラケオの境内の様子です。左の建物が本堂で、ここにエメラルド仏が安置されています。





2011年10月に撮影したワット・プラケオのエメラルド仏です。外から望遠で撮影しました。

ワット・プラケオの本堂内では、写真撮影が一切禁じられています。監視員もいますのでご注意ください。



本堂の周りの壁面は、豪華な装飾で埋めつくされています。





本堂を取り囲む、迦楼羅のような像です。





迦楼羅のような像の近影です。これがずらりと並んでいます。





境内にあるスリランカ様式の仏塔プラ・シー・ラッタナー・チェディです。





経典が納められた プラ・モンドップです。





ワット・プラケオの境内には、各所に鬼 ( ヤック ) がいます。





金の指輪をしているお洒落な赤鬼です。





こちらも金の指輪をしているお洒落な青鬼です。





中央の黄金に輝く仏塔は、スリランカ様式といわれるものです。





回廊の外側には、いくつもの仏塔が並んでいます。





境内のテラスには、アンコール・ワットの精巧な模型があります。ラーマ四世の命により造られました。





聖なる池に写るアンコール・ワットの実物の写真をご覧ください。





アンコール・ワットの近影です。壮大な石造寺院です。





ワット・プラケオの回廊には、ラーマキエン物語を描いた壁画があります。

ラーマキエン物語とは、インドの叙事詩 ” ラーマー・ヤナ ” がタイへ渡って、独自の発展をしたものです。



ラーマキエン物語のマヌマーン ( 猿の将軍 ) です。孫悟空の原形になったという説もあります。





回廊に描かれている壁画です。猿軍団が神様と力を合わせて悪者と戦います。





ワット・プラケオの隣にある王宮のチャクリー・マハー・プラサート宮殿です。





チャクリー・マハー・プラサート宮殿の近影です。





宮殿の斜め前に建つアポーン・ビモーク館です。





王宮のすぐ隣にあるワット・ポーの本堂です。台座にはラーマ一世の遺骨が納められています。





本尊の近影です。大変手の込んだ荘厳です。





ワット・ポーにある黄金の涅槃仏です。見る角度によって、お顔の表情が変わってきます。





同じ涅槃仏ですが、随分面長のお顔になりました。





涅槃仏の大きさは、全長49m、高さ13mです。





涅槃仏の足の甲です。甲側の写真は珍しいです。





足の裏側です。螺鈿細工でバラモン教の宇宙観が描かれているのだそうです。

何となく見過ごしてしまいそうですが、涅槃仏ですから足はへん平足で、両足が揃っています。



ワット・ポーの境内には、大小の仏塔が所狭しと並んでいます。





お釈迦様が お生れになった時涅槃に入られた時 に咲いたといわれているのが、このサーラの花です。





これはワット・ポーの境内に咲いていた、サーラの花です。





日本では沙羅双樹と呼びますが、この花とは違います。和名はホウガンボクです。





バンコク市内を流れるチャオプラヤー川の畔にあるワット・アルンです。暁の寺とも呼ばれています。


2017年に改修工事が行われ、全体の感じが白っぽくなったということです。日本の姫路城みたいですね。



昔は仏塔の途中まで登ってバンコク市内を一望できたのですが、今この階段を登ることはできません。





ワット・アルンの仏塔を、トンブリー側から眺めた写真です。





イタリアから運ばれた大理石で造られている、ワット・ベンチャマボピットです。大理石寺院ともいいます。





バンコク寺巡りの観光ルートになっているため、多くの観光客が訪れます。





タイで最も美しいといわれるピサヌロークにある仏像を模した、ワット・ベンチャマボピットの本尊です。





タイで最も美しいといわれるピサヌロークにあるワット・プラシーラタナー・マハタート ( ワット・ヤイ ) のご本尊です。


Mr.Kitti Onlomool 撮影



窓には西欧的な雰囲気のステンドグラスがはめられています。





大理石寺院の回廊です。





回廊にはアジア各国の仏像が並べられています。





釈迦苦行像の近影です。この像はパキスタンのラホール美術館にある釈迦苦行像を元にして作られています。





パキスタンのラホール美術館にある釈迦苦行像です。 <A href="http://wadaphoto.jp/" target="right">Wa☆Daフォトギャラリー様 のご好意により掲載しています。


Wa☆Daフォトギャラリー  丹下誠司氏撮影



瞑想する仏陀像のお顔のアップです。この写真も <A href="http://wadaphoto.jp/" target="right">Wa☆Daフォトギャラリー様 のご好意で掲載しています。


Wa☆Daフォトギャラリー  丹下誠司氏撮影



ワット・インドラウィハーンの大仏です。高さは32mです。





大仏の胴体は、大変薄い造りになっています。





大仏の足元です。





ワット・インドラウィハーンの本堂です。屋根から出ている飾りを、チョーファーといいます。





本堂の内部の様子です。幾体もの仏像で荘厳されています。





ワット・トライミット ( 大金仏寺 ) の本堂です。





ワット・トライミット ( 大金仏寺 ) の本尊です。これは有名な黄金仏ではありません。





黄金仏は、EXCHANGEと書いてある手前の階段を左に登ったお堂の二階に安置されています。





重さ5.5トンといわれる、ワット・トライミットの黄金仏です。


黄金仏を安置する新しいお堂が建立されましたので、 ワット・トライミット として新設いたしました。



黄金仏を斜めから撮ったところです。純金の輝きをご覧ください。

新しいお堂は、 ワット・トライミット として新設いたしましたので、そちらでご覧ください。





ワット・サケットのプーカオ・トン ( 黄金の山 ) です。




プーカオ・トン ( 黄金の山 ) の近影です。





プーカオ・トンの仏塔の真下にある仏舎利 ( 仏陀の遺骨 ) を納めたチェディーです。





プーカオ・トンを登っていく途中には、中国系タイ人の墓が数多くあり、ちょっと薄気味悪いです。





マハカーン砦とプーカオ・トンです。





マハカーン砦とプーカオ・トンの夜景です。





バンコクにはもう一つの砦があります。それがここプラスメン砦です。




プラスメン砦の夜景です。チャオプラヤー川の畔にあります。


続けて バンコク観光へのご案内2 をご覧ください。