タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットです。





この寺はワット・シーサンペットのすぐ横にあります。





本尊である大仏さまです。日本の大仏様とはお顔が異なります。





大仏を真下から見上げたところです。





大仏を斜めから撮ってみました。





反対側の斜めから撮った大仏です。





大仏さまの台座の部分です。





大仏を真横から見上げたところです。





本堂の内部には金箔を貼られた仏頭が飾られています。





本堂内にあったタンブンされた紙幣です。タイ人の最も大事なことはタンブン ( 喜捨 ) です。





アユタヤのプーカオ・トンです。バンコクにも同じ名前の仏塔があります。




ここのプーカオトンの仏塔は傾いています。




いろいろな角度から見ても傾いているのが分かります。





ここの階段も自由に登ることができます。





仏塔の途中に安置されている仏像です。





仏像が納められているところは、こんな具合になっています。





仏塔の先端部分です。





仏塔には黄色い布が巻かれています。塔が傾いていることがよく分かります。





仏塔の途中まで登ったところです。ぐるっと四方を見渡すことができます。





仏塔からアユタヤ市内を望んだところです。遠くワット・チャイワッタナラームが望めます。




プーカオトンの周辺の光景です。2007年には大変な水害に見舞われました。





左側にナレースワン大王のモニュメントがかすかに見えます。





これがナレースワン大王のモニュメントです。





ナレースワン大王の銅像を離れて撮ったものです。最近大王を称えた映画もできました。





大王は幼少のころから闘鶏が好きで、そのため闘鶏の置物が沢山奉納されています。





大王は国民から大変尊敬されていますので、いつ行っても参拝の人が絶えません。





プカオ・トンの本堂を仏塔から眺めたところです。





アユタヤのプーカオ・トンの全景です。僧侶が歩いているのがお分かりでしょうか。





若い僧侶が静かに歩いています。





日本の座禅はまさに座るのですが、ここタイには歩く座禅といわれるものがあります。





静かに歩く座禅をしている姿は神々しく見えました。望遠レンズを使って遠くから撮っています。





ナレースワン大王のモニュメントから撮ったプーカオトンです。傾いているのがよく分かります。





ワット・パナンチューンです。左側の高い屋根の建物の中に大仏さまが安置されています。





境内には、みやげ物屋がずらりと並んでいます。





ワット・パナンチューンの大仏さまです。東大寺の大仏さまを彷彿とさせるものがあります。





大仏さまの真下から撮ったものですが、じっと見つめられているような感じがします。





この寺は中華系タイ人の拠り所です。ビルマ軍の破壊から逃れることができた縁起のいい寺です。





中には中国式の大きな像があります。





長い髭をたたえた像もあります。





三尊像ですが、やはり中国風です。





やはり私達の仏さまとは異なります。





参拝する人たちが貼る金箔で覆われた像です。





この寺には悲しい境遇の乙女の伝説があります。





これがその乙女を祀ったものです。





漢字で書かれた飾りです。中国系タイ人が多く住むタイでは、こういうものをよく見かけます。





寺院の柱に龍が巻きついた姿は、いかにも中国風です。





中国風寺院の屋根の飾りです。




アユタヤ観光時のご参考になれば幸いです。


アユタヤ観光のご案内 1 へ戻るには、左のアイコンか ここ をクリックしてください。



続けて アユタヤ大水害その1 をご覧ください。